読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぶれた魂に義足はつかない

f:id:maddorachan:20160803170834j:plain

『セント・オブ・ウーマン』という映画で、アル・パチーノ演じるスレード中佐がラストシーンでこんなセリフを言います。

わたしはここいる若者よりも、もっと若い連中を戦場でみてきた。

むかしは見える目があった。

ある者は腕をもぎとられ、ある者は足をふっとばされた。

でも、いちばん悲惨だったのは魂をつぶされたやつだ。

なくなった魂に義足はつかないんだ。 

 

このあとに、こんな言葉がつづきます。

 わたしも何度か人生の岐路に立った。

どちらが正しい道なのかはちゃんと判断できた。

でも、わたしは正しい道を選択しなかった。

それは、困難で、高潔さが必要で、なにより勇気がいる道だったからだ。